FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【舞台告知】劇団千年王國『きみしかいない』

告知が遅れに遅れ、公演の初日になってしまいました。
とはいえ、今日から4日間の上演なのでまだまだ間に合う!!

しっかり告知しまっせ!!





劇団千年王國 
『きみしかいない』

ネイテヴ・アメリカンの天地創造の神話をベースに、三つの世界を巡る魔女たちの物語。
それを上演する市民劇団の物語と平行して幾層にも絡みながら
2000年に渡る、女たちの友情が浮き彫りになってゆく。
劇団千年王國、2年ぶりの新作公演。
劇団TPSから木村洋次、茂木聡、ハムプロジェクトから彦素由幸を迎え、民俗音楽の生演奏と共に、新たに挑む祝祭的神話劇。


作・演出/橋口幸絵
出演/村上水緒 榮田佳子 赤沼政文 堤沙織 坂本祐以
木村洋次(TPS) 茂木聡(TPS) 彦素 由幸(札幌ハムプロジェクト)

■開催日時■
2011年9月29日(木)~10月2日(日)
9月29日(木) 19:00★
9月30日(金) 14:00☆/19:30
10月1日(土) 14:00/19:00●
10月2日(日) 15:00
※開場は開演の30分前です。

■上演時間■
2時間5分(途中休憩あり)

★終演後にアフターパーティー開催!!
「公演後、会場にて開かれるパーティーに参加できるチケットを販売します。もちろん、出演者・スタッフ陣も参加!
稽古の様子や舞台ができるまで裏話などなど、たくさんお話できればと思います。ぜひ、ご参加ください!!」
・・・って事だったんですけど、当日の入場ってできるのかなぁ?
「どうしても今日観てアフターパーティーに出たい!」って方、通常のチケット以外に、パーティーチケットを1000円で購入して参加できるみたいです。
とは言っても内部の人間ではないので(笑)、きちんと確認したい方は劇団千年王國まで。
もしくは問い合わせを取次します♪

☆平日割引
「平日の日中に行われる公演に限り、チケット代金を少しだけお安くします!!
土日がお休みでない方も、これを機にぜひ観にきてください。」
との事。
前売で2000円、当日でも2500円です!お得っっっ!!

●アフタートーク開催!
終演後に行われる予定で、トークショー的なものですかね。
『創る側』の裏話的なエピソードなんかも聴けちゃうかもしれませんね!
自分はコレ目当てで、10月1日(土)の19:00の回を観に行きます♪
一昨年の『贋作者』の時には、アフタートークの一環として、千年王國代表の橋口幸絵さんがお客さんをステージに招いて、セットとかを自由に見せてくれました!!
マジで泣きそうなくらい嬉しかったなぁ・・・。いや、ちょっと泣いたか(笑)
あ、今回はそういう事が有るかどうかはわかりませんよ~


■開催場所■
生活支援型文化施設コンカリーニョ
(北海道札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F:JR琴似駅直結)
※JR琴似駅の改札を出て右手に行って階段を上がって行くと、歩道橋チックな連絡通路が有ります。そこを渡って階段を下りれば、コンカリーニョはすぐそこさっ♪
雨が降っていてもへっちゃらさっ!!

■料金■
前売:一般2500円、学生1000円、平日割引2000円
当日:一般3000円、学生1500円、平日割引2500円
パーティー付きチケット(1ドリンク+軽食付き)、3500円

■劇団千年王國HP■
http://sen-nen.org
■きみしかいない 公演情報ページ■
http://sennencocuchi.blog.shinobi.jp/Entry/44/
■千年番長(千年王國代表、橋口幸絵さんのブログ)
http://bamora.seesaa.net/
■役者の窓■(千年王國所属の役者さんやスタッフさんのブログ)
http://blog.livedoor.jp/sennen8948/


ちなみに、俺がこれまで観た作品は以下の通り。
<脚本・演出:橋口幸恵さん>
・『愛する人を失うという世界共通の悲しみについての物語』
・『贋作者』
<演出を橋口幸絵さんが担当>
・『鬼火-龍馬は死なずⅡ』
・『ダニーと紺碧の海』


参考になるかはわかりませんが(笑)、個人的に楽しみなところをつらつらと書いてみましょー。
「観劇経験浅いくせに、エラそーな事言うなよ」ってツッコミも有るかもしれませんが、平にご容赦を。

まずは橋口幸絵さんの脚本・演出。
深い、というか、心をえぐられる・・・。
登場人物の喜怒哀楽が、観ている側に生々しく伝わってくるほどのリアリティを感じます。
登場人物が『生きている感じ』というのをこれほどまでに感じられる劇団はそうそうお目にかかれないんじゃないかと思います。

そして「ありきたりな脚本ならこう終わるんだろうなぁ」みたいな俺の浅はかな想像も消し飛ぶばかりの展開です!!
もちろん、『予想外』とは言っても破綻するどころかさらなる高みに昇っていくような感じ。
『贋作者』の夕日のシーン(雁次郎のセリフから現実に戻るところ)を思い出すだけで、今でも背筋が寒くなります!!
それくらいスゴい、って事さ♪

物語の途中でドキドキしたりハラハラして、そして最後の最後には感動で胸が奮える素晴らしい作品ばかりでした!!

作品ごとの舞台設定というのも様々ですが、人間という生き物が生きるうえでの普遍的な命題、みたいなものを提議してくれます。
だから作品を観て感じたもの(感動だけではなくて、怒りとかやりきれない感情とかも含めて)が、自分の中に残り続けます。
それって、日頃抱えていた悩みだとか目標だとかとリンクする場所が有るからなのかもしれない。

劇場から出て家に帰る途中とか数日経ってからとか、何かの拍子に劇中のシーンやセリフを思い出す事がしばしば。
自分の生き方にも何かヒントになるような事も見つかるかもしれないですよね。


そして役者さんの生き生きとした演技!
俺は技術的な視点では評価はできないけれど、これまで観に行ったどの作品でも「どの役者さんもスゴイ!!」と思いました!
個人的に榮田佳子さんと堤沙織さん、坂本祐以さん、村上水緒さんが楽しみ♪(女性ばっかりだな)

作品ごとに印象が変わるってのも役者さんだから当然なのかもしれませんが、榮田さんは特にスゴい!
『贋作者』での色っぽさの中に女性のしたたかさを感じさせる役柄もスゴかったけど、演劇ユニット電気ウサギの『Sweet Back Drop』では反則レベルの可愛さもスゴかった!!

『きみしかいない』のダンスは、坂本祐以さんが振り付けを担当!
もえぎ色女学院でもバリバリ活躍している方なので、期待が高まります!!


そして特徴的なのが『劇中での生演奏』です!!
これまで俺が観た演劇では生演奏はいくつも無いですねぇ。
思い当たるのは千年王國の『愛する人を失うという世界共通の悲しみについての物語』(生じゃなくてDVDだけど)、あとは劇団深想逢嘘(うたたね)の『ラ・ピュセル』くらいだなぁ。

『きみしかいない』では、演奏者が3名。
・福井岳郎さん (ケーナ、チャランゴ他)
・有本紀さん (ピアノ)
・小山内嵩貴さん (パーカッション)

作曲は福井岳郎さん、さとうしほさんが担当。

プロフィールの詳細は・・・こちらをご覧ください♪
http://bamora.seesaa.net/article/227398739.html

ハーモニカを本格的に始めてから、福井岳郎さんの演奏を聴くのは初めてだなぁ。
きっと勉強になるところも沢山有るだろうから、これもまた楽しみ!!


なんか書いてて興奮してきた!!

興味を持った方、ぜひぜひ劇場へ!!

前売としてのチケット予約ご希望の方は、自分が取り次ぎ致しますのでまずはご相談ください!!
日程的に余裕無さそうな時は、直接千年王國まで♪

ではでは。
スポンサーサイト
Secret

地球の名言


presented by 地球の名言

プロフィール

ケンタ

Author:ケンタ
おいしい食べ物への好奇心が人一倍(一説には3倍)の男です。
自分が美味しいものを見つけるのが嬉しいのはもちろんですが、それを他の人に教えて喜んでもらえる事がより嬉しいです。
まだまだ知らない美味しい物を探しまくります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。