FC2ブログ
   
09
1
2
4
7
8
9
15
16
17
18
23
24
25
27
28
29
30
   

観劇レポ『Star-Gazer』~作品編~

人が生きる事とは何の意味を持つことなのでしょうか。
そもそも意味といえるものが初めから用意されているものなのでしょうか。

生きる為の理由、自ら死を選ぶことの理由、正しいか否かの判断は遠い昔から人間としての命題として向き合ってきた事の一つでしょう。

今回観たお芝居は、そういった『人生の根源』に対する問いかけを観客一人一人の心の中に思い起こさせた作品だったと思います。

そして大切な人を失い、遺された側の人は何を考え、何に向き合って生きるべきか、そういった事も考えさせられました。


その作品の名は『Star-Gazer』(スターゲイザー)!!
谷口健太郎さんの演劇ユニット『LyricaL BuLLet』の2nd SHOTです!!


今回も例によって『作品編』と『役柄&役者編』に分けて紹介したいと思います♪
ぶっつづけでやったら、10時間くらいかかんじゃねーか?(笑)
それがもしアクシデントで飛んだらどうなるでしょうね・・・。軽く意識は飛ぶと思います(笑)

よし!チオビタ飲んで栄養補給完了!!
でも男の魂の充電は満タンじゃありません。深浦さんからやる気パルスもらってくればよかった・・・。

・・・さぁ行くぞ、野郎ども!!
※周りには誰もいません。

なお、登場人物の名前は基本的に苗字で表記します。
夫婦とか兄弟で苗字が同じ場合は、下の名前で表記します。


まずは作品の世界観から説明します。
場所としては北海道でありますが、札幌以外の場所については架空の地名を使用。

舞台は特別急行列車『スターゲイザー』。
鉄道旅客会社の『NR北海道』が運行する、道東から道北にかけての深夜急行。

その一番の特徴は、列車後部に有る特別車の天井面。
天井全体が特殊な磨りガラスとなっていて、車掌室のスイッチ1つで満点の星空を眺めることができる機能を持っています!
日本語で『星を見上げる人』という意味を持つその名前は、この機能に由来しているものです。

パンフレットにはスターゲイザーの運行経路に関して地図も記載されています。
img072.jpg
恵織(えおり)駅を20時40分に出発し、翌7時に終点の天館(あまだて)駅に到着する事が書かれています。
これは、現実の場所でいうところの池田町(牛肉とワインが有名、ドリカムの吉田美和の出身地としても有名)辺りを出発し、稚内市が終着駅となるルートです。

ところが終点を目前として、ある悲劇が起こります。
それがこの作品の根幹となる事件であり、それに関わる人たちの運命を大きく変えていくのです・・・。

果てなく広がる夜空の下を列車はひた走り、そこに揺られる人々のドラマはどんな結末を呼ぶものか・・・。
またたく星々はそれを見守るのみ・・・。
過去と未来が交錯する一大スペクタクルが幕を開けます!!


続きを読む

スポンサーサイト

地球の名言


presented by 地球の名言

プロフィール

ケンタ

Author:ケンタ
おいしい食べ物への好奇心が人一倍(一説には3倍)の男です。
自分が美味しいものを見つけるのが嬉しいのはもちろんですが、それを他の人に教えて喜んでもらえる事がより嬉しいです。
まだまだ知らない美味しい物を探しまくります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード